NEOプロジェクトアドベンチャーワールド始動!!

導入までのながれ

  • STEP1お問い合わせ

    ご相談、ご質問など
    お気軽にご相談ください

  • STEP2ヒアリング

    研修・プログラムの目的、人数、対象者、日時、ご予算をお伺いいたします。

  • STEP3提案

    プログラム内容、お見積書のご提案いたします。

  • STEP4契約

    プログラム内容にご納得頂ければ契約となります。

  • STEP5実施

    研修、プログラム実施

NEOプロジェクアドベンチャー
(NEO PA:ねお ぴーえー)とは

NEOプロジェクト アドベンチャー(NEO PA:ねお ぴーえー)は、岐⾩県本巣市にある淡墨桜の近くにある「うすずみ温泉四季彩館の敷地内」に2018 年4 ⽉にオープンしました。
“東海エリア初”の「体験型 教育・研修施設」で、プロジェクトアドベンチャーという⼿法をベースにしたアドベンチャー教育・研修プログラムを実施しています。

プロジェクトアドベンチャーという⼿法をベースにしたアドベンチャー教育・研修プログラムです

アドベンチャーとは

Adventure

  • Advent

    「新しく生まれ変わる」、 「生まれ変わりを待ち望む」、
    「復活」、「到来」

  • Venture

    「リスクを負ってチャレンジし、目標をめざすこと」

Adventureとは元来、「自らが踏み出すことによって、新たなる⾃分を創⽣していくこと」という意味があります。

(引⽤⽂献:TAP におけるアドベンチャーに関する諸理論に対する再考察:⽟川⼤学TAPセンター年報 創刊号)

体験・体感を通して人間的な成長を促すことがPAです

NEO PAコースについて

丸太・ロープなどを使って設置された一見不可能に観えるNEO PAチャレンジコースの体験・体感を通して個人・組織(部署・チーム)として人間的な成長を促すことができ、子ども・学校向けアドベンチャープログラムや新卒研修から管理職研修、役員・幹部研修、組織開発研修などさまざまな用途でご利用いただけます。 ※研修目的(チームの状態)によって使用するアクティビティ内容が変わります。

企業向けプログラム ※単発的な研修より長期的な研修プログラムをお勧めします

組織開発的アプローチ

NEO PA では、組織開発の⼈間的側⾯(ソフトな側⾯)に対してアプローチをします。また、ダニエル・キム教授が提唱した「組織の成功循環モデル」-組織内の社員の「①関係性の質を上げることで、②思考の質があがり、③⾏動の質が変わり、④結果の質が変わる」-という理論をベースにプログラムデザインを⾏います。

⼈財育成的アプローチ(次世代リーダー育成)

NEO PA では、コミュニケーション⼒、創造⼒、分析⼒、問題解決⼒、リーダーシップ、シェアードリーダーシップ、マネジメント⼒、柔軟性などのヒューマンスキルのトレーニングを⾏います。階層別、クライアントの⽬的に沿ったプログラムデザインを⾏います。

組織開発、⼈財育成(次世代リーダー育成)からプログラムいたします

導入事例

関西の企業様

新組織体制になる前に、NEOPAで合宿(2泊3日)を行い、組織の今後のビジョン・戦略を共有しながら、全国から集まる役員(社長含む)、部長、課長たちによる関係性の再構築を行いました。

研修後のコメント

この研修のおかげで、関係性ができ、その後の業務がスムーズになりました。会社のビジョンを共有しながら、さまざまなアクティビティをクリアするために協力できた経験は大きいものでした。

岐阜の企業様

全社員を巻き込む次世代リーダーの育成プログラム。コアリーダーを中心にさまざまな課題解決アクティビティを行い、合宿(1泊2日)中、プロジェクトチームを構築しプログラムを行いました。新プロジェクトチームづくりと本部と現場の関係性づくりを目指しました。

研修後のコメント

最初は高いアクティビティにチャレンジするつもりがありませんでしたが、周りのチャレンジしている姿勢に惹かれ、チャレンジしてみたら、本当にチャレンジして良かったと思いました。これからもいろいろとチャレンジしていきます。

愛知の企業様

海外出身のエンジニアの採用を行い、日本人社員と海外出身社員の関係性を構築するために1日プログラムを実施しました。

企業様のコメント
(研修直後の感想)

  • ・チームとしての個々人のかかわりが見える化できました。今後は、そのチームとしての課題をどのように扱っていくか?ということが我々マネージャー層の課題と気づくことができました。
  • ・皆が達成感を得られていて良かったです。マネージャーがオブザーブして見たチームプロセスを今後マネジメントに生かせると思いました。
  • ・まずは、今回のことを材料に、マネージャー層が「見る・観察する」ということを通じて、現在の状況をしっかりつかむことが重要だと気づくことができました。
  • ・部下の意外な面を見ることができ、思っていたより気づかいや思いがあるという気づきがありました。

研修後3か月たって

研修の後、自分達のコミュニケーションを良くするには?ということを若手で集まりミーティングを行っています。ミーティングでは、進捗や困りごとの共有が続けられています。そのような状態に持っていくきっかけとなったのが、アドベンチャー研修の成果であったように思います。

岐阜県の市役所様(入社2~3年目)

今後、人材育成に力を入れていくために、アドベンチャー研修を導入しました。

参加者のコメント

  • ・皆で力を合わせて行う研修でした。1回目は上手くいかなくても、その後に自然と打合せをはじめて、色々なアイディアがでてきて、達成感にむかって一丸となって向かっていく雰囲気がとても楽しかったです。この気持ちをもって仕事にも生かしていきたい、とても良い研修でした。
  • ・始めは、運動することに少しおっくうになっていましたが、体験を重ねていくうちに楽しくなってきました。課題をクリアするために、みんなで意見を出し合うなかで、それぞれどんなことを考えているのかなど、もっと広い視野を広げないといけないと感じました。
  • ・研修では、絆を深めたり、仕事で足りないことを学ぶことができた。特に相手に合わせることは自分には難しく、あまりできていないことでした。今日の研修を通して、仲間に寄り添うことができました。職場に戻っても、今日学んだことを意識していきたいと思います。

学校・次世代育成向けプログラム ※長期的なアドベンチャー教育プログラムをお勧めします。

NEO PAでは、「21世紀型スキル(ソフトスキル)」と「SEL(Social and Emotional Larning)」の視点から、アドベンチャー教育プログラムを実施します。また、生きていくうえで、人と関わっていくうえで大切なスキルをいれられる「人の器」を大きくする過程に関わることを大切にしています。

NEO PAが考える「21世紀型スキル(ソフトスキル)」

主に対人関係に関する非定型的なスキルで、コミュニケーション力、交渉力、創造力、分析力、問題解決力、リーダーシップ、マネジメント力、柔軟性、など育む教育的アプローチです。

NEO PAが考える「SEL」

自己が「考えていること」「感じていること」「からだ」の状態を理解し、他者の「あたま」「気持ち」「からだ」の状態を理解することで、共感する力を育み、良好な関係を築くことを大切にしている教育的アプローチです。

SELによって養われる5つの能力(SELコンピテンシー)

  • ・自分の感情・思考・行動を内省したりメタ認知する能力
  • ・自己の望む結果を得るように自分の感情・思考・行動を管理調整する能力
  • ・他者の考えを柔軟に受け入れたり気持ちを理解する能力
  • ・周囲と良好な関係を築いたり維持する能力
  • ・他者の権利を侵害しない限りにおいて自己の責任において自ら意思決定する能力
  • (参考資料:日本SEL推進協会HPより)
「考えていること」「感じていること」「からだ」を理解することで、共感する力を育みます 共感する力を育て、安心感のあるクラスづくり、クラス運営につなげます

導入事例

学校(5年生)半年間

月1回(2コマ)合計6回(体育館5回、NEO PAコース1回)、半年間のアドベンチャー教育プログラムの実施。

先生からのコメント

はじめは、みんなが協力して作戦を立てることができないクラスでしたが、半年間を通して、ひとりひとりが、仲間と関わり、めあてをもち、達成しようと頑張る姿がみられてよかったです。どうしても、こちらの都合で、事前に考えさせる場を奪ってしまったり、心配事を回避させようとしたりしてしまいますが、心に余裕をもって自分たちで解決する力を付けていくことも大切だと反省しました。

ジュニアリーダーズクラブ

市が運営するジュニアリーダーズクラブの子ども達(小学5年生~中学2年生)がアドベンチャープログラムを体験しました。

事務局のコメント

  • ・プログラムを通して、一人ひとりの目標に対する姿勢が変わりました。普段会わないメンバーと普段しない体験を通して、少しずつ殻が破け、一体化することができ、その中で、目標に対して、自分から動かないといけないことを悟ったり、声をかけあいながらお互いをサポートしないといけないことを悟ったりして、一人一人が成長することができました。
  • ・活動が終わった後、みんなが「お金がかかってでも、もう1度やりたい」と言っていました。是非、2回目の研修もジュニアリーダー活動の後半に入れて、人間性・社会性・リーダー性のジュニアリーダー3本柱を成長させたいと思います。

参加者のコメント

  • ・仲が深まりました。仲間を信じることができ、最初は不安だったけど仲間のおかげで挑戦することができました。
  • ・どんなことがあっても、他者の意見を尊重しつつ自分の意見も大切に生きていきたいです。これから学校でも少数派の意見も大切にしたいです。
  • ・「自分の意見を抑えなければ!」という自分の中の思いが「自分と仲間の意見が大切!」になりました。
  • ・1人ですべて考えるのではなく、考えているすべての人と一緒に何事も考えたいです。そのために、ひとりひとりの意見を大切にして1つ1つ決めていけるようにしていきたいと思いました。
スポーツ少年団(小学校4年生~6年生)

チームビルディングを行うため、アドベンチャー教育を体験しました。

指導者のコメント

日常の活動では学べない力を育むことができたと思います。プログラム後、指導者(親)同士で話し合い、今までの自分たちの指導方法を見直そうという話になりました。しっかり、子ども達に寄り添った指導をしていければと思いました。

お問い合わせ

うすずみ温泉四季彩館 
NEOプロジェクトアドベンチャー

〒501-1531 岐阜県本巣市根尾門脇422番地
FAX 0581-38-3680

※担当者から折返しご連絡させて頂きます。

※無料で施設見学などもしております。お気軽にご連絡ください。
(一度施設を見られることをお勧めしています。)

「SKE48の岐阜県だって地元ですっ!」で
NEOプロジェクトアドベンチャーが紹介されました!!

Gyao公式サイトへ